会社概要

所長ご挨拶

所長 林明子

はじめまして
なないろサポート所長の林です。

ママとパパの笑顔、子ども達の可愛い笑顔、
大切にしたいこの表情と子ども達の成長(※子育ち)を一緒に見守りたい。
そんな思いからはじめた保育サポートです。

「助け合いの町!わかやま!」
誰もが自信をもって発言できるほどの地元愛をもてるように!
私たちが住む和歌山で、人それぞれが持つ特性を認め合いながら、あたたかい子育て社会をつくりたいと大きな夢をもつようになりました。

まずは、親同士が交流のしやすい町づくりを目指して、私個人でも出きることを探し取り組んできたのが、ママ友サポートと交流の場をつくる活動でした。
平成23年に子育てNPO団体サンマザーを設立。
お互い様の関係性、母親たちのネットワーク確立、同じ志をもつママ達との出会いをきっかけに活動の場を広げる事となり現在に至ります。

様々な家庭で育った者が親になり、価値観の異なる人間社会の中で、育児環境の苦悩をどれだけ理解しあうことができているのでしょうか。

不自由な部分をサポートしあい、親と子の絆をつなぐ役割を担いたい。
子どもたちの笑顔が広がる環境をどこまでも追及していきたい。
このような思いが、開業への道へと…。

なないろサポートは、親の役割をすべて引き受けるということではなく、保育を通して側面からサポートし、保護者様と一緒に同じ目線で考え理解しあう関係性を大切にしており、ニーズにお応えしながら気軽に頼れる存在でありたいと思っております。

20160709_152715000_iOS - コピー子育てに関わるということは、「私達の未来をつくる」大切な社会参加である。
このように思っております。 私達保育者は、親子関係を支援することをモットーに、子ども達にとって模範を示すことのできる共育者であることを自覚し、助け合いの形を充実させることを担い、和歌山のパパやママ子ども達が輝く町づくりを応援いたします。
※子育ち…子ども自身が自らの力で心身ともに成長するさま。

所長経歴

■平成15年~20年
地域交流ボランティア活動・学齢児童の家庭支援に携わる
一時的に幼児や児童を預かる経験をする
■平成21年7月~
子育て支援活動
和歌山市木ノ本地区 子育てサークル運営
■平成22年
和歌山市ファミリーサポートセンター提供会員登録
ヒューマンアカデミー認定チャイルドマインダー保育者資格取得
小児.救急救護法国際ライセンス取得(応急手当てプロバイダー)
有償ボランティア.ママサポート「ひまわり保育」個人活動
母親支援活動「母親クラブ」結成
■平成23年
NPOわかやま子育てサークル本部サンマザー設立
BTEC認定レベル3チャイルドマインダー保育者資格取得
和歌山市子育て支援ネットワーク実行委員会参画
和歌山大学地域連携・生涯学習センター地域子育て支援プロジェクト研究員
■平成24年
ママサポートひまわり保育改め「出張託児なないろサポート」託児請負開業
和歌山県青少年問題協議会委員 子育てNPO代表
■平成25年~26年
地域と大学の子育て支援研究委員
和歌山市子ども・子育て会議委員 就学前の保護者代表
ヒューマンアカデミー和歌山校チャイルドマインダー養成講座 講師
■平成27年
出張託児なないろサポート 古屋支所開設
出張託児なないろサポート 梶取出張所オープン
和歌山市子ども・子育て会議委員 就学児の保護者代表
和歌山県幼保連携型認定こども園審議会委員
和歌山県社会福祉審議会 地域福祉専門分科会委員
和歌山県青少年問題協議会委員 子育てNPO代表
■平成28年
一般社団法人パーソナリティカレッジエジソンとの協働事業
児童発達支援、放課後等デイサービス受付スタート
八幡台小学校地区 母親クラブ・子どもクラブ結成 副会長
出張託児なないろサポート古屋→梶取へ12月事業所移転
■平成29年
出張託児なないろサポートリニューアルopen
子育て親学 なないろスクール開講
和歌山県社会福祉協議会 評議員
家庭的保育園なないろ開設
わかやま結婚・子育て応援企業同盟アドバイザー予定
 
 

 

会社情報

会社名 出張託児なないろサポート/家庭的保育なないろ
設立 平成24年4月2日
所長 林 明子
従業員数 18名
所在地 和歌山県和歌山市梶取169 パーソナリティカレッジエジソン内
TEL/FAX 073-455-0716
営業時間 09:00~16:00 (時間外対応可)
定休日

日曜日・祝日・お盆・年末年始 (相談可)

事業内容

■託児請負
① 出張保育
② 家庭的保育
③ 発達支援 

■その他
④貸しスペース管理業務
⑤子育ち親育ち応援セミナー

アクセスマップ

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索